681円,[Blu-ray],ビッグケーヒル,DVD , 外国映画 , アクション,swmc.co.jp,/Athamantid1824396.html 681円 ビッグケーヒル [Blu-ray] DVD 外国映画 アクション 681円,[Blu-ray],ビッグケーヒル,DVD , 外国映画 , アクション,swmc.co.jp,/Athamantid1824396.html ビッグケーヒル 信憑 Blu-ray 681円 ビッグケーヒル [Blu-ray] DVD 外国映画 アクション ビッグケーヒル 信憑 Blu-ray

ビッグケーヒル 正規品 信憑 Blu-ray

ビッグケーヒル [Blu-ray]

681円

ビッグケーヒル [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

ジョン・ウェイン主演。敏腕保安官ケーヒルの生涯を描いたもうひとつの「ワイアット・アープ」。

ジョン・ケーヒルは腕利きで知られる連邦保安官。
あるとき彼は、重要な任務を終え家路についたが、家では思いがけない事件が彼を待ち受けていた。
11歳になるビリー・ジョーと17歳のダニーの2人の息子が銀行強盗の一味に加わろうとしていたのだ。
任務に忠実なあまり家庭をかえりみない父に反発するかのように---。
職務に忠実すぎたがゆえに、家族との間に溝を作ってしまった男の人生を、ジョン・ウェイン主演で綴った家族愛の物語。

【映像特典】約10分
・ドキュメンタリー
・オリジナル劇場予告編

※パッケージデザインは変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョン・ウェイン主演のアクション西部劇。任務に忠実なあまり家庭を顧みない腕利きの連邦保安官・ケーヒルは、11歳と17歳のふたりの息子が銀行強盗の一味に加わろうとしていることを知り…。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ!”。

ビッグケーヒル [Blu-ray]

子育てを顧みなかった西部の荒くれ男ジョン・ウェインが、その子供たちのせいで巻き込まれるひと騒動を描く。ただそれだけの作品ずら。
これまでのジョン・ウェイン主演の西部劇とは、随分趣きが異なり、仕事熱心で、寡夫の連邦保安官と二人の息子の成長物語である。1970年代の仕事中毒気味のアメリカのホワイトカラーの状態を反映したストーリーである。
J・D・ケーヒル(ジョン・ウェイン)は、豪胆で、恐れを知らぬ凄腕の連邦保安官として名を馳せているが、悪人を追い詰める任務で家を空けることが多く、妻なき後、男手一つで育てる二人の息子ダニー(ゲイリー・グライムズ)、ビリー(クレイ・オブライエン)との関係は冷え切っていた。長い任務から帰って来たケーヒルは、息子たちが、町で起きた銀行強盗事件に関して何かを知っていると睨み…。ジョン・ウェインの制作会社バトジャック・プロによる西部劇。日本劇場公開は、1973年10月27日。冒頭、夜の森の中で、ひっそりと焚火をして休む強盗団5人のところに、馬に乗った大きな体の男が現れる。彼こそが、悪党が恐れる保安官J・D・ケーヒル。5人に投降を呼びかけるも、応じる姿勢を見せないと見るや(「こっちは5人に対し、あんた1人だぜ!大したタマだな!」)、銃撃戦に持ち込み、鮮やかな銃さばきで二人を仕留め、残りを捕えるというオープニングに、”CAHILL”とメイン・タイトルが被り、さらに仰々しく、”United States Marshal”というサブタイトルが出る。まさに、誰もが、ジョン・ウェイン作品に期待する通りの人物像と登場シーン。正義を貫く、逞しく豪快なケーヒルという人物は、ウェインそのものだ。しかも、監督が、ジョン・フォード組で鍛えあげられ、ウェインとも気心の知れたアンドリュー・V・マクラグレン監督となれば(言うまでもなく、彼の父親は、ヴィクターだ)、いつものように、アクションに溢れた痛快な物語が展開されるのだろうと思ってしまう。しかし、本作は、いつものような痛快なウェイン主演作品のようにはならない。主軸に据えられるのは、連邦保安官としての任務に没頭するあまり、家庭をないがしろにしたことで、二人の息子との間に出来た感情の行き違いと深い溝に思い悩む、一人の父親としてのケーヒルの姿だ。画面左の前景にケーヒル、右の後景にダニーを捉えた構図で(パン・フォーカスで)、ケーヒルが、自分の仕事が人生そのものになり、家庭を顧みなかったことを息子に告白(懺悔?)する場面などもあり、ちょっと他のウェイン主演の西部劇では見られないシリアスさと哀愁が漂っている。本作のほんの2年前に作られた『 100万ドルの決斗 』では、息子たちに鉄拳制裁を加え、有無を言わせず命令に従わせるマッキャンドルズ一家の長を豪快に演じたウェインとは対照的だ。すでに、1970年代には、西部劇というジャンルそのものがニッチになっていたが、ウェインが得意として来た、力ですべてを解決しようという西部時代のマッチョ的男性像は、当時の若者にとっては時代遅れで、疎ましいものになり始めていたのかもしれない。もっとも、本作の新機軸である、その「物分かりの良い」ウェインの父親ぶりが、作品の面白さにつながっているかというと、それはまた別の話になる。父と息子たちとの和解の物語としては、中途半端であるし、西部劇アクションとしても、物足りない印象になっている。後に、主演のウェイン自身が、「あまり上出来の作品ではなかった。もっと脚本を練って、もっと丁寧に作るべきだった」と語ったそうだが、本作の評価として、至って客観的で的確なものだと思う。悪党フレーザー役のジョージ・ケネディ、ライトフット役のネヴィル・ブランド、ミス・グリーン役のマリー・ウィンザーなど、芸達者な俳優の好演も観どころで、彩りを添えているが、作品そのものを牽引するまでには至っておらず、ちょっともったいない使われ方だ。勇壮な題名とは裏腹に、新しいウェイン像を模索しようとして、それが上手い具合に作用しなかったという印象が強い一編だ。本Blu-rayは、新たに作られたHDマスターを使ったもの。ただし、徹底的なカラコレ(色補正)、レストアが施されなかったのか(というより、基の35mm素材の状態に起因するのかもしれないが)、全体的に、色調は濁り気味で、発色にムラがある(ただ、場面によっては、発色も良く、夜の場面の暗部の表現力も良い)。ディテール表現も甘めで、2004年発売のDVD盤から、大幅に画質が向上したという感じではない。モノラル DTS-HD マスター・オーディオは、大きな問題もなく、明瞭だ。特典には、2004年発売のDVD盤に収録されていたものが、再録。すべて、SD画質。●アンドリュー・V・マクラグレン監督によるコメンタリー●ドキュメンタリー"The Man Behind the Star" (7分47秒)●予告編(2分46秒)良作とは言い難く、また、Blu-rayの質も期待したほどではないので、あくまで、熱狂的なウェインのファン、西部劇ファン向けの一枚だろう。
個人的な話になりますが、この映画の父親は僕の父親とは逆で、僕の父親はしっかり家族との時間をとって、家族行事も多く企画して実行してきたが、やってあげた感があり、権力的で様々な人を差別することが多々みられた、僕が好きではない男でした。また年収2000万はありましたが、既得権益者で、社会で困っている人を考えることが薄く、自分の利益を追求する姿が多くみられる父親でした。この映画の父親は白人だが、人を差別しない、様々な人から愛されている警察。周りの人も人情に厚い人と評している父親。しかし、警察という仕事上、次から次へと事件が舞い込み家庭を大切にしてこなかった。しかし、彼の奥さんも最後のセリフからも、彼を尊敬し、彼の人間性を愛していた。仕事仲間、周りの人たち、奥さんからは厚い信頼だが、二人の子供は愛が薄い環境で育ったため、どこか不安定な精神状態。その悪ガキの子供二人を連れて、一緒に行動を共にするようになる。その中で不器用ながらも父親の人を愛する力、社会のために生きる姿を子供たちは見ることになり、子供たちも父を少しずつ信頼、尊敬が増していくという映画です。私情を挟んで申し訳ないが、個人的には、僕の親にやってくれたことに感謝や、良いところも見ていくようにしているが、恨みと怒りが多いのが事実です。僕の親は、家族や社会に対しての義務(法律順守、やるべきことをやる)は果たしていたと感じるが、他者や社会を愛するという責任を果たしてこなかったように見えることが多かった。日本人に多い、義務を果たしていれば権利が主張できるという感じで。この映画の父親は逆です。家族に対して義務は果たしていない。社会の常識に従わないという点では、社会に対しても義務は果たしていない。しかし、家族と不器用ながらも話し合っていく、また家族を愛していく、社会の人の犯罪者も、人種の違いのある人も愛していくという責任は果たしていて、仕事も義務というよりは人を愛す責任のためにやっている感じが濃くあり、かっこいいです。何度もいいますが、義務は果たすのが薄い父親です。しかし、人を愛す責任が濃い父親で、カッコいいと感じます。僕のように父親に怒りを持っている人。いい父親とは何か模索している人は、この映画はお勧めです。

中川牧師のつぶやき

国際情勢、米国政治、聖書に関連した話題をリラックスした雰囲気で「つぶやき」ます

申命記

約束の地に入るイスラエル人への律法解説。新しい生活を始める今の私達にも語りかけてきます。

ガラテヤ人への手紙

パウロ書簡への理解を深め、今の時代をいかに生きるべきか学びましょう。

60分でわかる!新約聖書

マタイの福音書から黙示録まで、書ごとに60分で解説!

新機能を備えたメッセージステーション

聖書研究用に日本語での検索機能を強化!ログインすれば、視聴履歴が残せます

最新メッセージ

ルカの福音書(5)マリアの賛歌1:46~56

  • 2021.11.14
  • ルカの福音書1章46~56節

#020 アメリカのマルクス主義 マーク・レヴィンのベストセラー 2021.11.15

  • 2021.11.15

パートⅠ.葛藤の舞台設定3章 原福音

  • 2021.11.09

ルカの福音書(4)マリアのエリサベツ訪問1:39~45

  • 2021.11.07
  • ルカの福音書1章39~45節

#019 ヴァージニア州知事選 米政治の潮目が変わり始めた! 2021.11.8

  • 2021.11.08

聖書を読む「底ぢから」を育むデボーションガイド

20年以上にわたってハーベスト・タイムより月刊誌として刊行されたClay【クレイ】は、毎日少しずつ聖書を読み、祈るためのガイドブック。
1日分の聖書箇所と解説を毎日更新します。

聖書講解メッセージ

創世記

  • 2008年〜2009年
  • 65本

出エジプト記

  • 2010年
  • 50本

30日でわかる聖書 マタイの福音書

  • 2007年〜2008年
  • 30本

ローマ人への手紙

  • 2010年〜2012年
  • 59本

メシアの生涯

  • 2012年〜2016年
  • 210本

ヨハネの黙示録

  • 2016年〜2017年
  • 40本

ヘブル人への手紙

  • 2017年
  • 30本

使徒の働き

  • 2018年〜2020年
  • 100本

ガラテヤ人への手紙

  • 2020年
  • 18本

申命記

  • 2020年~2021年
  • 58本

テーマメッセージ

神の国と悪魔の国

中川牧師のつぶやき

中川牧師の書斎から

中川洋が語る

キリストの使徒たちが伝えたこと

新・聖書入門講座

聖書を知りたい人のために

十字架のことば

本格的なエスプレッソが作れる★エナマイクロ1 エスプレッソマシーン Jura社【並行輸入】

クリスチャンライフ、この麗しきもの

信仰は誰のためか

聖書フォーラムリーダーによるメッセージ

単発テーマメッセージ

お知らせ

申命記 26回「傲慢に対する警告(2)」配信遅延のお詫び

  • 2021/03/07

聖書本文&解説を、音声でも!−聴くClay【クレイ】−

  • 2021/02/10

ネットで読む【Clay】を毎日LINEでお届けします!

  • 2020/10/27

「視聴済みチェックリスト」が便利!

  • 2020/06/04

メッセージステーションが再スタート!

  • 2018/09/20

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.